婚約指輪の持つ意味とは

プロポーズという最高に幸せな瞬間、それが形となって表れるものの一つが、婚約指輪でしょう。

とはいえ、婚約指輪にはどんな意味があるのか、価格の相場や結婚指輪との違いなど、わからないことも多いものです。ここでは、これから新しい人生を歩んでいこうとする中での、大切なイベントといえる婚約のために、指輪について考えていきます。


婚約指輪の意味

婚約には、結婚と違って法律上の制約は特にありません。お互いの意思が確認できれば、口約束だけでも成立してしまうものであるともいえます。けれど、それでは不安が残るのも正直なところでしょう。そこで「結婚の約束をした」ということを形に表し、品物を贈る、という方法が考えられました。

婚約指輪は、その代表的な品といえます。中には、指輪でなく他の品を婚約の証として贈るケースもあるでしょうけれど、やはり最も一般的に婚約の品として用いられているのは、指輪です。婚約指輪は男性から女性に贈る、というのが一般的です。

男性側の収入によって購入する指輪の価格は様々ですが、かなり高額な買い物になることは間違いありません。男性は、女性のために高額な指輪を購入し贈ることで、その人を生涯守っていくという決意を示すことになります。

女性のほうもその指輪を受け取ることで、生涯共に支え合いながら生きていくと決意するでしょう。婚約指輪はそんな二人の、これからの人生に対する決意の表れであるともいえます。

結婚指輪との違い

婚約指輪は、「結婚の約束をした証」として男性から女性に贈るものです。プロポーズの際に用いられることが多く、遅くても結婚式までには贈ることが望ましいとされています。結婚指輪は、「結婚をした記念」に二人で購入することになります。

結婚式での誓いの時、新郎新婦が交換する指輪として用いられます。そのため、結婚式までには準備することになるでしょう。同じ指輪であってもその意味合いは違います。また婚約指輪はデザインも華やかで、ダイヤモンドを飾ることも多く価格も高めであることが多いです。

結婚指輪は、日常生活の中で身につけることを考えて購入することになりますので、シンプルなデザインのものを選ぶことが多くなります。そしてそれに比例して、結婚指輪のほうが価格も安くなります。婚約指輪は基本的に女性のみが身につけるものですが、結婚指輪は二人が互いに贈り合い、男性も身につける人が増えてきています。

婚約指輪は必要かどうか

結婚指輪は日常的に身につけるものですし、ほとんどのカップルが購入しているでしょう。けれど婚約指輪は、価格が高価であることやデザインが華やかすぎて普段は身につけられないなどの理由で、二人で話し合った結果購入しないというケースもあります。

指輪を買う代わりに新婚旅行を豪華にしたり、新生活のための費用に充てる、という人もいるでしょう。ですが婚約指輪は、一生のうちでこの時期にしか用意できないものです。それがあることで、プロポーズの時の新鮮な気持ちをいつまでも思い出すことができる、二人にとって特別な意味を持つ品になることでしょう。

日常的に身につけやすいデザインを選ぶことで、婚約指輪も使う機会を増やすことができます。男性が購入した指輪をプロポーズの時女性に渡すという以外に、二人で選ぶ、というのも一つの方法です。女性が気に入ったデザインの指輪を自分で選ぶことができれば、その後長く使い続けられるものを購入しやすいでしょう。

婚約指輪にはアクセサリーとしての役割だけではない、特別な意味が込められているということをふまえた上で、必要か不要かを検討するとよいでしょう。

価格の相場は?

婚約指輪の相場というと、「給料の三か月分」という言葉が有名でしょう。けれど実際には、そこまで高額なものを購入するケースは多くありません。結婚式や新婚旅行、これからの新生活にかかる費用などを考えて、現実的に無理のない金額で用意する場合がほとんどです。

普段の暮らしにおける出費を考えれば、高額な買い物になることは間違いありませんが、一般的にイメージされているほど大きな出費にはならないと考えてよいでしょう。婚約指輪にいくらかけるかというのは、収入や年齢にもよるところが大きく、様々になります。

ただ一般的に購入額は、二十万円から三十万円前後が多いという統計もあり、給料の一か月分が実際の相場であるといえるでしょう。参考情報→指輪広島 > WAKOBRIDAL

指輪には十万円未満のものから、中には五十万円以上というものもあります。価格の違いは、ダイヤモンドの品質からくるところが大きいです。見た目がそれほど変わらなくても、鑑定機関が定めたダイヤモンドのグレードにより、価格が大きく異なってくるのです。

けれど、婚約指輪は価格より気持ちが大切であると考えている人が多いことも事実でしょう。

結婚という人生の大きな決断をした証として一生残るものだからこそ、それを選び受け取った時の気持ちが、何より大切になるのです。

関連記事:婚約指輪の支払い方法はいろいろある

購入方法

婚約指輪を選ぶ際にまず考えておきたいのは、既製品にするかオーダーメイドにするか、ということでしょう。既製品とは、お店で売られている指輪のことです。すでにデザインされている中から、選ぶことになります。

多くの種類から探せますし、現物を手にとり、試着して着け心地を確かめることもできます。気に入ったものがなかなか見つからない、といったこともあるかもしれませんが、納得のいくものが見つかれば、購入までの期間が短くてすむというところもメリットです。

素材やデザインなど、自分たちの希望を反映させた指輪を注文することを、オーダーメイドといいます。完成するまで二~三か月ほどかかりますが、この世に二つとない、自分たちだけの指輪を手にすることができます。デザインの経験がなくても、ジュエリーショップにはプロのデザイナーが在籍しており、希望に添ったデザインを作ってくれるので安心して依頼できます。

また既製品とオーダーメイドの中間的なものとして、セミオーダーという方法もあります。素材やデザインなど、店側に用意されているいくつかのパターンの中から、気に入ったものを組み合わせて指輪を作っていく方法です。

全てをオーダーメイドで作るより、短い期間で完成させることができます。